loading
BLUE BLUE JAPAN ジオメトリックナミガシラ リラックスシャツ
2022/04/18

BLUE BLUE JAPANより新作のリラックスシャツのご紹介です。
ガーゼタッチの柔らかさと、風通しが良くさらりとした着心地が好評のインディゴガーゼを使用しています。

濃色と淡色の二色をベースに幾何学的な波頭の柄を抜染で表現しました。

小ぶりな襟がポイントのオーバーシルエットシャツです。

ルーズになりすぎず程よくリラックスしたスタイルにおすすめです。

BLUE BLUE JAPAN インディゴメッシュ ネンリンジャケット
2022/03/03

BLUE BLUE JAPANより人気の「ネンリンジャケット」の2022春の新作が入荷しました。

色々なインディゴの生地をあてて長年に亘り大切に着込んできたような「年輪」を表現しています。

表地にはインディゴ糸でメッシュ状に織られた生地を使用し

裏面には同じくインディゴの先染め糸を使用し、ガーゼのような柔らかなカットソー生地を充てた着心地の良いカーディガンジャケットです。

手差しでステッチを施し、補強布を足して長年着こんだような風合いに仕上げています。

BLUE BLUE JAPAN キリエサクラ
2022/02/24

BLUE BLUE JAPANの顔ともいえる「桜」をモチーフにした新作アイテムのご紹介です。

今季は桜の枝をシルエットで表現し、エッジのきいたモダンな柄に仕上げました。ピンクは、温かみのあるグレーを背景に華やかな桜色が浮き出るようなデザイン。

インディゴカラーは天然のインド藍でハンドプリントされ、グラデーションのようなムラ感も美しく一点一点表情が異なります。

着丈は長すぎずたっぷりとした身幅で着物のような形のガウン。紐の結ぶ位置によってワンピース風にも羽織りにもなり、雰囲気を変えて着ていただけます。

柔らかく透け感のある綿キュプラのシフォン素材のスカーフもございます。

BLUE BLUE JAPAN ジャガードカゴゾメ
2022/02/07

ジャカード織機で織られた花柄の生地にネイビーの染料で籠染めを施したシリーズ。
ジャカードの産地で知られる群馬県桐生で織られた素材を使用した、薄手で軽い素材感ですが立体感があり迫力のあるカットジャカードです。

短くカットされた糸はポリエステルを使用しているため染料には染まらず、浮き出るような白とネイビーの花柄が絵画のようで不思議な素材です。

脇が大きく開いたショートトップス。裾にボタンがつきシルエットに変化をつけられます。前後どちらでも着用可能で着こなしの幅が広がります。

ウエストにゴムとストリングが入りリラックスした穿き心地が魅力のパンツは、ヒップから裾までまっすぐ落ちるきれいなシルエットや裾とポケットにあしらったパイピングが上品な印象です。
トップスと合わせたセットアップでの着こなしもおすすめです。

脇や袖と縦のラインにあしらったパイピングがポイントとなりシャープな印象のプルワンピース。四角いシルエットがキープされるよう脇につけたマチなどこだわりが詰まっています。

BLUE BLUE JAPAN ホンアイ スラブサシコ シリーズ
2022/01/24

BLUE BLUE JAPANから新作のホンアイ スラブサシコシリーズのご紹介です。

薄手の素材で着用感は軽く、重ね着しやすいよう身幅や袖はゆとりをもたせたサイズ感のウィメンズジャケット。

白い裏地とパイピング、フロッグボタンが素材を引き締めアクセントになっています。

アームホールにゆとりがあり、重ね着しやすいベストです。フロントのボタンをすべて閉じればジャケットの中着としてVゾーンにアクセントを付けられます。

天然の藍で染めたコットン糸を使い、ドビー織機で刺し子のように織られた柄は白のスラブ糸を使用することで不均一な太さの粒になり絣のようにも見えます。

BLUE BLUE JAPAN ナイロンナナメシマシボリ
2022/01/13

BLUE BLUE JAPANの春の新作「ナイロンナナメシマシボリシリーズ」のご紹介です。
こちらは風をはらむ、ゆったりとしたシルエットのコート。袖裏や背中には裏地としてメッシュ素材を使用しており、さらっとして快適な着心地です。

サックスブルーのナイロン素材に一本一本職人の手作業で絞り染めが施されています。大胆な柄ですが手絞りの柔らかさを感じられます。

ストライプを斜めに入れているため、絞る距離が長く手間と技術が要されます。絞り柄は一つとして同じ線はなく、絞りの太さや間隔の広さがそれぞれ違うのが味わいです。

薄手の素材感を活かしたベストはまだ寒さが残る春の立ち上がり時期にはインナーベストとして、春から初夏にかけてはカットソーの上から羽織として活躍します。

BLUE BLUE JAPAN フジトサクラ フォトプリント Tシャツ
2022/01/05

BLUE BLUE JAPANの顔となる富士山と桜をモチーフにしたTシャツが今年も入荷しました。
今季はインクジェットで前身ごろ全面に写真をプリントした大胆なTシャツです。

70年代のヴィンテージにみられるフォトプリントTシャツから着想を得ています。鮮やかな色彩でジャケットの中に着てもポイントになります。

プリントは前面のみで背面は無地の仕様になっています。

BLUE BLUE JAPAN コンプレスドウール コウシガラ シリーズ
2021/12/16

BLUE BLUE JAPANの定番的な素材「コンプレスドウール」を使用した2021秋冬の新作アイテムのご紹介です。
ウールジャージに縮絨をかけているためストレッチ性があり柔らかく心地よい素材として定評があります。

カラーはD NAVYとGREYの2色展開ですが、D NAVYも格子柄に織られておりますが、同じ色の糸で織っているため無地に見えるのがまたポイントです。

格子のような柄は竹編みの一種である四つ目編みという編み目から着想を得ており、魔除けの意味があると言い伝えられてきました。

BLUE BLUE JAPAN インディゴコットン トラジャカード
2021/12/09

プレーティング編みとリンクス編みの2つの技法を用いて編まれたニットジャカード。インディゴ糸とダークネイビーのコットンアクリル糸を引き揃えたプレーティング編みに 表目と裏目を返すリンクス編みによって生まれる凹凸が特徴的です。

手書きで書いたような柔らかい縞模様は虎をイメージしたオリジナルの柄。インディゴ糸の中白が杢のように見え、奥行きのある風合いが出ています。

ゆったりとした身幅に大きなアームホールのニットベストと薄くて軽いロングスリーブTシャツのようなニットプルオーバーの2型。

BLUE BLUE JAPAN インディゴ ヒラオリ ネンリン ワタイリカバーオール
2021/11/29

BLUE BLUE JAPANの顔としてもお馴染みの「ネンリン」シリーズ。

江戸時代では着物に「綿入れ」をし冬の寒さを凌いでいました。一つの着物を季節に合わせ手直しし、穴が開けば手で繕い、何年も大切に着続ける。

そんな風合いになるよう中には薄い綿を入れ、たくさんの当てはぎやハンドステッチが施されています。

衿にコーデュロイを使用し、身幅はゆったりとしたカバーオールです。

BLUE BLUE JAPAN ヤマミチ ロービングツイード
2021/11/24

「BLUE BLUE JAPAN」 定番のロービングウールにシェットランド羊毛を混ぜた新しい素材を使用。軽くて暖かい風合いはそのままに、すっきりと洗練された印象です。

ジグザグの山道をドビー織機で織りあげ、素材のボリュームに負けない柄に仕上げました。

ポケット内側のボアは手袋いらずの温かさです。

BLUE BLUE JAPAN フラッティスウエット テゾメ プルフーディ
2021/11/08

表はコットン、裏はコットンアクリルを起毛させた厚手のスウェット素材を使用しています。 一つ一つ手作業でインディゴに染め上げているため深い色味と経年変化をお楽しみいただけます。 腰に切替を活かしたポケットが配置されており、ゆとりのあるクルーネックスウェットです。ラグランスリーブでリラックスした着心地です。

WHAT'S NEW 一覧