loading
ReWork ProjectReWork Project

この度、経年変化や自然光により色味が変化したインディゴ染めの製品を再び職人の手で一つ一つ加工し、
新たな価値を生み出すべく「Re-Work」プロジェクトをスタートしました。
日本の伝統的な染技法である「絞り染め」や「籠染め」などによって生まれ変わった
インディゴ製品の「Re-Work」コレクションを
BLUE BLUE JAPANの旗艦店である「OKURA」と「SEILIN ONLINE SHOP」にて展開します

布の一部を縛るなどの方法で圧力をかけ染料が染み込まないようにすることで
模様を作り出す染め技法のひとつです。

絞りの産地などで使われている日本に古くからある伝統の染色技法で、
網状の袋に入れて絞り染しています。昔は実際に籠に生地を入れて染色していました。

強制的に色を分解させ、濃色から淡色に脱色する加工です。

輪ゴムや紐などで生地をまいて縛り、わざと染め残りや染めムラがでるようにする染色法です。
表面に見えている部分は濃くしっかり染まり、内側は薄く染まります。