loading

About product handling

お手入れにつきましては、各製品の取扱い表示記号を必ずご確認ください。
製品の特性を考慮した取扱い表示記号をつけておりますので、表示以外のお取扱いはおすすめいたしません。
各記号の意味につきましては以下の「製品の取扱い表示記号一覧」をご参照ください。

取り扱い表示記号

【洗濯記号】

  • 液温は、40℃を限度とし、洗濯機で通常の洗濯処理ができる

  • 液温は、40℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯処理ができる

  • 液温は、40℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い洗濯処理ができる

  • 液温は、40℃を限度とし、手洗いによる洗濯処理ができる

  • 液温は、30℃を限度とし、洗濯機で通常の洗濯処理ができる

  • 液温は、30℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯処理ができる

  • 液温は、30℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い洗濯処理ができる

  • 洗濯処理はできない

【漂白処理記号】

  • 塩素及び酸素系漂白剤による漂白処理ができる

  • 酸素系漂白剤による漂白処理ができるが、塩素系漂白剤による漂白処理はできない

  • 漂白処理はできない

【タンブル乾燥処理記号】

  • 洗濯処理後のタンブル乾燥処理ができる
    高温乾燥:排気温度の上限は最高80℃

  • 洗濯処理後のタンブル乾燥処理ができる
    低温乾燥:排気温度の上限は最高60℃

  • 洗濯処理後のタンブル乾燥処理はできない

【自然乾燥処理記号】

  • つり干し乾燥がよい

  • ぬれつり干し乾燥がよい

  • 平干し乾燥がよい

  • ぬれ平干し乾燥がよい

  • 日陰でのつり干し乾燥がよい

  • 日陰でのぬれつり干し乾燥がよい

  • 日陰での平干し乾燥がよい

  • 日陰でのぬれ平干し乾燥がよい

【アイロン仕上げ処理記号】

  • 底面温度110℃を限度としてスチームなしでアイロン仕上げ処理ができる

  • 底面温度150℃を限度としてアイロン仕上げ処理ができる

  • 底面温度200℃を限度としてアイロン仕上げ処理ができる

  • アイロン仕上げ処理はできない

【ドライクリーニング処理記号】

※ドライクリーニング処理は、タンブル乾燥を含みます

  • 石油系溶剤でのドライクリーニング処理ができる通常の処理

  • 石油系溶剤でのドライクリーニング処理ができる弱い処理

  • ドライクリーニング処理ができない

  • パークロロエチレン及び石油系溶剤でのドライクリーニング処理ができる通常の処理

  • パークロロエチレン及び石油系溶剤でのドライクリーニング処理ができる弱い処理

【ウエットクリーニング処理記号】

※ウエットクリーニングとはクリーニング店が特殊な技術で行うプロの水洗いと仕上げによる洗濯処理です
ドライクリーニング処理は、タンブル乾燥を含みます

  • ウエットクリーニング処理ができる通常の処理

  • ウエットクリーニング処理ができる弱い処理

  • ウエットクリーニング処理ができる非常に弱い処理

  • ウエットクリーニング処理はできない