BLUE BLUEがWHEELROBEに別注したレザーシューズのご案内。
デザイン、ディテールにこだわりながら、素材、製法に妥協せず1足1足作り上げています。
カジュアルからドレスシーンまで幅広いコーディネートにお使いいただけます。

WHEELとは車輪を意味し、「軌跡」を表します。沢山の人の手で作られた靴は様々な人の思いが詰まっています。皮の採取、鞣し、裁断、縫製、つり込み、底付け、様々な工程を経て漸く1足の靴が作りだされます。そこまではあくまでプロダクトとしての完成で、最終的に足を入れて形となり、履いていくことによって様々な表情が出てきて完成されます。生産の工程の中で最重視しているのが木型。釣り込んだ際の造形美、穿き心地、歩きやすさに大きな影響を与え、木型は「軌跡」を作っていくうえで非常に重要なものになります。普遍的なデザイン、伝統的なディテールにこだわりながら、素材、製法に妥協せず日本の職人が1足1足作り上げています。そのような靴をこれからの人生、愛着をもって履いてほしいという思いから誕生したブランドです。

WHEELROBEは長く愛用してもらうために、修理を繰り返し行えるグッドイヤーウェルト製法を採用し製靴しています。
より長く履いてもらえるようアウトソールにはラバーの半張りを張っており交換も容易に行えます。
つま先から剥がれてきてしまうのを防ぐため、アウトソールのつま先部分を斜めに削り、ラバーを差し込む一手間を加えています。
ライニングにはつま先まで贅沢に牛革を使用し、牛革は足入れの感覚が非常にソフトで吸湿性が強いのが特徴です。

LAST(木型):1228

生産の工程の中で最重視している木型は矯正靴の木型を元に作成したWHEELROBEオリジナル#1228 LAST。
見た目の美しさも重視しながら、歩行をサポートするための工夫を凝らしています。
WIDTH(足囲)を“D”でとっており、指先から甲にかけては薄く削る事でシャープに仕上げボリューム感を抑えた木型です。
アーチ部分を絞り、かかと回りを小さくしてホールド感を持たせ、ラウンドトゥでありながらつま先の遊びもあります。

靴を作るための原型となるもので、靴のデザイン、機能などを決める重要な要素となる。靴のかたち自体を表現することもある。

UPPER(甲革):PLAIN TOE

PLAIN TOEのアッパーにはWEINHEIMER社のCALFを使用しています。このCALF素材は非常にきめが細かく張りがあり、艶が出しやすいためドレス感の強い素材になります。
世界で一番のCALF素材といっても過言ではなく、皺の入り方が綺麗なのも特徴的です。

※WEINHEIMER社はドイツにて2003年に設立されました。
ボックスカーフのタンナーで有名なCarl Freudenberg(カール・フロイデンベルグ)社が革の製造を停止したのち、働いていた職人達が集まって作られました。最高品質の革は最高品質の素材でしか作ることができないという信念の元、アルプスの山で丁寧に育てられた仔牛の皮を原料財として仕入れ、伝統的ななめし技術により高品質なカーフレザーを生み出しています。カールフロイデンベルグの時と同様のレシピを使用してなめされたボックスカーフは、適度な張りと、非常にきめが細かいのが特徴です。

SOLE(靴底):MOC TOE

MOC TOEのアッパーにはWHEELROBE ORIGINAL OIL-SUEDEを使用しています。このOIL-SUEDEは厚さ2mmほどある肉厚のもので、オイルワックスを配合し染み込ませています。水や汚れに強い革で、 履き込むことで油分が抜け表情が変わり経年変化を楽しめます。
またミンクオイルスプレーで再度油分を足すなどして、容易なお手入れが可能です。

SOLE(靴底)

ソールは半張りラバーを張ることにより、革底に比べて滑りづらい様になっており、ホワイトのグリップポイントが特徴的なCAT'S PAWのヒールを使用しています。

LOGO(ロゴマーク)

ヒールパッドには箔押しされたWHEELROBE・BLUE BLUEのブランドロゴが入ります。

SIZE GUIDE

USサイズ 日本サイズ(目安)
US6.5 約24.5cm
US7 約25cm
US7.5 約25.5cm
US8 約26cm
US8.5 約26.5cm
US9 約27cm
US9.5 約27.5cm
US10 約28cm
US10.5 約28.5cm
US11 約29cm