ウールジャケットは同じ素材のベストやパンツでスーツスタイルに。ワンカラーコーデも質感の違うシャツや靴を合わせると大人っぽく洒落た感じに着こなせます。

桔梗柄を施したオープンカラーシャツ。光沢のある生地感が雰囲気のある着こなしを演出してくれます。ボトムスはタックパンツですっきりと合わせたところがポイント。

胸元のピンタックがアクセント になったシャツは、クラシック感漂うハカマパンツと合わせてシックな装いに。各アイテムの微妙な色味の違いがニュアンスになって、カジュアルになり過ぎず、品良く着こなせます。

秋の七草のひとつ、桔梗柄を施したガウンコート。インナーはネイビーで統一して、柔らかで優しい印象のコートを引き立てています。少し長めの丈感なのでワイドパンツと合わせてもしっくり合います。

ゴブラン織りのベストは同素材のパンツとセットアップに合わせて、遊び心のあるスタイルに。柄ON柄の着こなしは色合いを統一することですっきりとまとまります。

刺し子素材のジャケットは同素材のパンツとセットアップスタイルに。ネクタイや缶バッジでアクセントを付けつつ、足元はスニーカーでカジュアルなハズシをプラスしています。

カットソー素材のロングワンピース。滑らかな質感のジャケットでメリハリを付けて着こなしています。ソックスや靴はワンピースと同色系を選び、縦ラインがきれいに見えるよう意識しました。