本藍枷染めの糸で織り上げたオリジナルの刺し子生地を使用しています。
しっかりとした厚みと適度なやわらかさを持ち合わせた、着心地の良いカバーオールです。
長年にわたり大切に着こんできたような風合いをハンドステッチやインディゴのあて布で表現しています。
数種類の色で染めた糸を用いて「絣」のように織り上げた、ウール100パーセントのオリジナルの生地を使用しています。
ダブルの前合せやボタンをかけられる襟元、ポケット内側のやわらかいボアのデザインは、防寒性に優れた寒い季節におすすめのコートです。
ロービングと呼ばれるふっくらとした極太のウール糸で織り上げています。
ネイビーカラーにはインディゴ染めを、ブラックカラーには硫化染めの黒の綿糸を使用して「井桁柄」を表現し、それぞれの色が経年変化を楽しむ事ができます。
襟の裏側にはボアが付いた軽くて暖かいコートです。
BLUE BLUE JAPAN冬の定番生地、へヴィースウェットを使用したジャケットです。
現存する数が少ない旧式の吊り編み機で太番手の糸を、ゆっくり時間をかけて編み上げることでふっくらとした生地感に仕上がっています。
裏ボアつきで防寒性に優れており、襟と袖口にはニット素材を用いており風を防ぎます。
伸縮性のあるフラノ地のようなウールのカットソー素材です。
縮絨をかけたふっくらとして目の詰まった、やわらかい着心地が特徴です。
トラッドの定番、ブラックウォッチ柄とオーバーペン柄をジャカード編みで表現した、小さなラウンドカラーがやさしい印象のワンピースです。
前をあけて軽いコート代わりの着用もおすすめです。